展覧会

企画展

「ライオネル・ファイニンガー」展

2008年8月2日 (土) 〜 2008年10月5日 (日)

休館日 8月4日、9月1日(毎月第一月曜)


ドイツ系移民の子としてニューヨークに生まれたライオネル・ファイニンガー(1871-1956)は、音楽を学ぶためドイツに渡りますが、すぐに画家を志し美術を学び始めます。雑誌の挿絵や風刺画を描いた後、油彩を描き正統派画家として評価を得ると、1919年に造形学校「バウハウス」の設立に参加し1932年まで教授をつとめました。しかし、ナチスが政権を取ると「退廃芸術家」と見なされ、1937年ドイツを離れニューヨークに戻りました。
1910年頃のファイニンガーは、鮮やかな色彩を用い表現主義を思わせる作品を描いていましたが、キュビスムの影響を受けた後1920年代には幾何学的に分割した面に色を段階的に重ねることで光を透過するガラスのような硬質さと透明性をもつ作風へと移行しました。教会の塔や海辺に停泊する船、海浜の廃墟などドイツ・ロマン主義の画家達が好んだモティーフを近代的な造形理論に基づき描いた作品は、伝統的な絵画と前衛美術をつなぐものとして独自の位置を占めています。
本展覧会では初期から晩年に至る油彩、水彩、版画、素描、木工作品(玩具)約130点を展示し、ファイニンガーを日本ではじめて本格的に紹介します。

基本情報

期間
2008年8月2日(土)~10月5日(日)
8,9月は10:00~19:00(土曜日は20:00まで)
10月は10:00~18:00
休館日
8月4日、9月1日(毎月第一月曜) 
観覧料(税込)
 一般900(720)円(税込)、高大生・65歳以上700(560)円(税込)
*( )内は前売及び20名以上の団体料金
*中学生以下および市内在住在学の高校生は無料 
主催  横須賀美術館、東京新聞 

関連イベント

ライオネル・ファイニンガー展関連講演会 「《大革命》著名な諷刺画家から、独立した芸術家への風変わりな道のり」
展覧会関連
トークイベント

ライオネル・ファイニンガー展関連講演会 「《大革命》著名な諷刺画家から、独立した芸術家への風変わりな道のり」

2008年8月2日 (土) 00:00〜

ウルリヒ・ルックハルト(展覧会監修者)

ライオネル・ファイニンガー展関連ワークショップ 「親子でつくる木のおもちゃ―せかいのはてのまち」
展覧会関連
ワークショップ

ライオネル・ファイニンガー展関連ワークショップ 「親子でつくる木のおもちゃ―せかいのはてのまち」

2008年8月16日 (土) 00:00〜

小松和人(おもちゃのこまーむ代表)

ライオネル・ファイニンガー展関連講演会 「プリズムとしての建築/絵画―ファイニンガーとともに」
展覧会関連
トークイベント

ライオネル・ファイニンガー展関連講演会 「プリズムとしての建築/絵画―ファイニンガーとともに」

2008年9月7日 (日) 00:00〜

前田富士男(慶應義塾大学教授)