展覧会

谷内六郎館

令和4年度第3期 谷内六郎〈週刊新潮 表紙絵〉展
1950年代の谷内六郎

2022年10月1日 (土) 〜 2022年12月25日 (日)

休館日 10月3日(月)、11月7日(月)、12月5日(月)


谷内六郎は、1956(昭和31)年に『週刊新潮』が創刊されたときから、1981(昭和56)年に本人が世を去るまでの四半世紀にわたり、約1300点にのぼる表紙絵を描きました。当館では1年に4回作品を入れ替え、さまざまな切り口から、谷内六郎の表紙絵の世界をご紹介しています。

今回は「1950年代の谷内六郎」と題して、週刊新潮へのデビュー前後に焦点を当てます。 初期の週刊新潮表紙絵原画はもちろんのこと、漫画家として活躍していた頃の貴重な絵画もあわせて展示いたします。 谷内六郎が活躍した雑誌『週刊新潮』は、1956年に新潮社が創刊した週刊誌です。それまでは新聞社がその取材力を生かして週刊誌を発行していましたが、新潮社は出版社として初めて週刊誌を手がけ、成功していきます。その後、出版社系週刊誌が次々に創刊され、出版界は雑誌の黄金時代へと移行していきます。ここでは作品とあわせて1950年代の『週刊新潮』や谷内六郎にまつわる雑誌もご紹介し、彼が活躍した時代背景も探っていきます。

谷内六郎《かに》1958(S33)年 5月12日号 ©Michiko Taniuchi

基本情報

会期2022年10月1日(土)~2022年12月25日(日)  
開館時間 10:00~18:00
休館日10月3日(月)、11月7日(月)、12月5日(月)
観覧料(税込)
 一般380円(300円)、高校生・大学生・65歳以上280円(220円)、中学生以下無料
*所蔵品展も観覧できます。
*( )内は20名以上の団体料金
*高校生(市内在住または在学に限る)は無料
*身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と 付添1名様は無料
主催 横須賀美術館
谷内六郎《ラムネ》
1958(S33)年 9月15日号© Michiko Taniuchi
谷内六郎《紙芝居》
1958(S33)年 7月21日号© Michiko Taniuchi
谷内六郎《けむり》
1956(S31)年 5月 8日号© Michiko Taniuchi